Yoshio Matsumoto ( 松本吉生 )

総合学科の高等学校で教科「情報」と情報技術を教え、データベースやマイコンボードの活用、C#プログラミングの教育に従事している。数研出版株式会社発行の高等学校教科「情報」の教科書執筆(共著)を継続して行い、高等学校教員の研究会などの講師も行う。

経歴
京都に生まれ、神戸で幼少期を過ごす。
大学で応用化学を学んだのち、理科教諭として高等学校に勤務する。教育の情報化が進む中で校内ネットワークの構築運用に従事し、1998年度から2000年度にかけて兵庫県立明石高等学校で文部科学省の「光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」に携わる。兵庫県立西宮香風高等学校では多部制単位制の複雑な教育システムを管理する学籍管理データベースシステムをSQL ServerとInfoPath、AccessなどのOfficeソフトウエアによるOBA開発で構築・運用する。2013年度に「兵庫県優秀教職員表彰」を受賞。2015年から2017年まで兵庫県立神戸工業高等学校でC#プログラミング、IoTなどのコンピュータ教育を行い、現在は兵庫県立神戸甲北高等学校に勤務する。2004年からマイクロソフトMVP(Microsoft Most Valuable Professional)を受賞し、現在17回目の連続受賞。2016年にマイクロソフト認定教育者(Microsoft Innovative Educator Experts : MIEE)を受賞し、現在4回目の連続受賞。2020年1月14日に「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞。

「InfoPathとSQLServer」
http://www.matsumotoyoshio.net/infopath/infopath01.html

数研出版の高等学校「情報」教科書の編集委員
http://www.chart.co.jp/goods/koukou/joho/

個人サイト
http://www.matsumotoyoshio.net

blog ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」
http://matsumotoyoshio.wordpress.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました